骨粗鬆(骨租しょう)症の症状

骨粗鬆症をらくらく予防・改善する100のコツ―強く丈夫な骨をつくって

骨粗鬆症骨粗しょう症)は、を造っている「骨芽細胞」の力が、加齢と共に弱くなり、体全体の骨密度が低下しスカスカになり、骨に小さな穴が多発する症状病気です。

健康な人でも、誰でも加齢とともに骨量は減少しますが、骨粗鬆症骨粗しょう症)により、骨折がしやすくなり、痛みが出ることもあります。

女性の場合は、閉経後にホルモン量の減少からを造る機能が急激に低下します。男性の場合は、そうした大きな落ち込みはないものの、骨を造る機能は、なだらかに落ちていきます。

骨の強度が弱くなっているお年寄りが転倒すると、手関節の骨折、股関節の付け根の骨折、肩の骨折、脊椎の圧迫骨折などを起こし、寝たきりになってしまう可能性があるため、骨粗鬆症(骨粗しょう症)を早期に発見し、予防、対策を立てることが大切です。


カルシウム・ビタミンD・マグネシウムをバランス良く配合!


病気が良くならない方ミネラル不足では?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。