骨粗鬆(骨租しょう)症の患者数

骨粗鬆症骨粗しょう症)は、圧倒的に女性に多い病気です。

女性では閉経期の40〜50歳代から急激に骨量が減少し、60歳代では2人に1人、70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症を起こすような状態になっています。

男性では60歳過ぎから徐々に増え、70歳以上では10人に4人足らずが骨粗鬆症です。

現在、日本には1,000万人以上の骨粗鬆症患者がいると推定されています。

日常生活の中では、なかなか骨粗しょう症になっているのかどうか気づきにくいものです。痛みや骨折をきっかけにして検査してみてわかるという例も結構あります。

ただ、高齢化社会で寝たきりになる原因の第2位に「骨粗鬆症骨折」が入っています。

食事面で骨粗鬆症の予防に配慮するとともに、日常生活では転倒しない生活、環境をととのえる工夫も必要になってきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26290490
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。