骨粗鬆(骨租しょう)症の予防

骨粗鬆症骨粗しょう症)にかかると治療が必要になりますが、加齢と共に、弱ったを強くすることは、非常に難しい面があります。

そのため、骨粗鬆症骨粗しょう症)になり、骨密度が減少する前に、事前に対策予防をすることが重要になってきます。

骨粗鬆症骨粗しょう症)の予防で、最も大切なのは、骨量が最大となる若年期に、骨量をより多くしておくこと。若い時に骨量が多ければ、加齢で骨量が減少しても、骨粗鬆症になる危険な値に達することはありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26291872
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。