骨粗鬆(骨租しょう)症を予防する食事

骨粗鬆症骨粗しょう症)を予防する食品食事療法について述べます。

骨粗鬆症予防には、若い時から、牛乳を1日2本飲み、ごと食べられる小魚類や大豆製品、海草類をとるのが効果的です。
骨粗鬆症骨粗しょう症)食事療法としても、効果的な献立レシピと言えます。

野菜では、カルシウムの含有量が多い小松菜がお勧め。カルシウム強化補助食品も市販されていますが、あくまで補助として利用し、工夫して食生活を充実させましょう。

大豆や大豆製品に豊富含まれる大豆イソフラボンは、健康食品の中で人気成分のひとつですが、骨粗鬆症の予防に効果があります。

サケ缶も、カルシウムの多い中骨が丸ごと食べられるため、骨の中のカルシウムが減って骨がもろくなる骨粗鬆症(骨粗しょう症)対策として注目されています。

最近では、コンブなどに含まれ、うまみ成分として知られる「グルタミン酸」に骨が溶けるのを防ぐ働きがあることを、岡山大学が発見しています。

骨粗鬆症骨粗しょう症)の予防には、日光にあたって、適度な運動を持続的に行い、カルシウムの入った食品(牛乳、乳製品、大豆、小魚など)を多く摂取することが大切です。
また、半年から1年に1度など、定期的に検査を行うことが重要なのです。

健康な若い時から、骨、特に骨密度に留意し、病気予防に心がけましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36140757
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。